Sunday, August 20, 2017

錦市場 ~Nishiki Market~

こんにちは!
日ごろフロントでお客さまの対応をしていると、錦市場に行かれるというお話をよく聞きます。
錦市場は、390mのアーケードに120店舗以上のお店が立ち並ぶ、京都一の食べ歩きスポット!
今日は、そのなかから私が是非オススメしたいお店をいくつかご紹介します。

まず一つ目のお店は、だし巻き卵の「三木鶏卵」です。
新鮮な卵に利尻昆布、削り節から取る出汁を加えた京風だし巻きを味わうことができます。
白餡に黄身を練り込んだ「黄味餡ぱん」は、見た目もとっても可愛いんですよ









京都といえば鱧!
焼き魚専門店「魚力」の店頭には、はも天、はもカツ、はも照り焼き、はも茶漬けなど様々な鱧料理が並んでいます。
串に刺さったはも天は、食べ歩きにピッタリです(^.^)











京都産のお米を取り扱う「中央米穀」では、おにぎりならぬ「お結び」も販売しています。
たくさんの種類があって迷ってしまいますが、私はしそ穴子が気になります
イートインにして、お味噌汁と一緒にいただくのも良いですねぇ。










歩くのに疲れたら、カフェで一休み。
錦市場の堺町通を北に行くとすぐ見えてくるのが、タルトの名店「オ・グルニエ・ドール」です。
一番人気は、チョコレートムースをふんだんに使った「ピラミッド」。
テレビで何回も取り上げられた有名店なので、夕方には既に売り切れなんてことも(O_O)
町屋を改装した店内でゆったりとした時間を過ごせます。












最後は、「おちゃのこさいさい」の「舞妓はんひぃ~ひぃ~一味」を紹介します。
京都丹波産ハバネロと国産本鷹唐辛子を使い、辛さと旨みを兼ね備えた一味唐辛子です。
京都旅行のお土産に、辛党の友だちに買ってみてはいかがでしょうか?












Hello!
We are often asked about Nishiki Market at the reception.
Nishiki Market is a shop street with the length of 390 meters and more than 120 shops and restaurants.
Today, I will talk about some places to enjoy eating! :P

The first shop is “Miki Keiran.
It’s famous for Kyoto-style Dashimaki (rolled omlet).
Dashimaki tastes rich flavor of seaweed and dried bonito.

Hamo (sea eel) is a very popular fish used for dishes in Kyoto.
In front of the fish shop “Uoriki”, many skewered hamo cooked by different method are lined.
Many people walk along the street eating them.

“Chuou Beikoku” sells rice produced in Kyoto and “Omusubi” (rice ball) made of the rice.
It is very difficult to choose one, because there are many kinds of filling.
Also inside the shop, you can sit and eat omusubi with miso soup.

When you are tired, please take a rest at the cafeteria “Salon de The AU GRENIER D'OR” near the market.
The café is brought up on the TV program some times.
Their tart is very very delicious and popular, so it might be sold out until evening.

At last, I recommend buying “Shichimi” of “Ochanoko Saisai” for souvenir.
“Shichimi” is a mixture of red pepper and other spices.

It is really hot, so why don’t you buy it for a friend who is addicted to spicy food?

Thursday, August 10, 2017

下鴨神社 ~Shimogamo Shrine~

こんにちは!
今日は、京都市左京区にある下鴨神社を紹介します!











下鴨神社は、京都の寺社では最も古い部類に入り、ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されています。
古くより導きの神、勝利の神として信仰されており、事始めの神社としても有名です。
また境内には、縁結びのお社 相生社もあり、若い女性が熱心にお参りをしている姿も見られます。
意外と知られていないのですが、正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」というそうです。

◎下鴨神社◎
開門時間:6:0017:30
アクセス:京阪 出町柳駅より徒歩12 / 市バス 下鴨神社前停すぐ

本殿の南には、「糺の森(ただすのもり)」と呼ばれる、広大な鎮守の森(社叢林)が、参道の両側に広がっています。
古代そのまま木々が自生する森は、マイナスイオンたっぷり。
観光客だけではなく、近隣の方々にとっても憩いの場となっています。












8月には、「下鴨納涼古本まつり」と呼ばれる、文庫・絵本・雑誌・美術書・絶版漫画などのあらゆる古書、総数約80万冊が即売される古本市が開催され、毎年多くの人で賑わうのだとか!

◎下鴨納涼古本まつり 2017
開催日:2017811日(金)~16日(水)
営業時間:10:0017:30(最終日は16:00まで)

下鴨神社周辺で、もう一つお伝えしたいのが、こちらのラーメン屋さん。














知る人ぞ知る、幻の屋台ラーメン「はらちゃんラーメン」です。
アニメ化もされた小説「四畳半神話体系」(森見登美彦 著/太田出版)に登場する”猫ラーメン”のモデルともいわれています。
なぜ”幻”なのか…それは、ほぼ毎日お休みだからです。
営業日は、だいたい週に一日でしょうか…。
こちらの店主ブログで、営業時間や場所を確認することができるので、興味を持たれた方は是非チェックしてみてくださいね!


Hello!
Today, I will talk about Shimogamo-Shrine.

Shimogamo-Shrine is one of the most historical temples and shrines in Kyoto, and ranked in UNESCO World Heritage site as “Historic Monuments of Ancient Kyoto.”
People pray for success and victory when they start something from long time ago.
Also, there is a little shrine of match-making, and it is very popular among young women.

Shimogamo-Shrine
Open Time6:0017:30
Access12mins from Keihan Demachiyanagi station /
Near the Kyoto City Bus “Shimogamo Jinja Mae” stop

On the south of the main shrine, the extensive forest called “Tadasu no mori” spreads out by the approach.
The trees have grown naturally since ancient time, and produced clean air!
You must be relaxed a lot, walking through the path.
In every August, the used books market is held as well, and it is really crowded with people of all ages, from children to the elderly.

Kyoto Antiquarian Book Fair 2017
Date2017/8/118/16
Time10:0017:30Last day is until 16:00

At last, I will tell you an interesting spot near Shimogamo-Shrine.
It is the street stall ramen, “Harachan Ramen.”
(Ramen is a noodle soup dish originally imported from China)
The reason why it’s so interesting is the stall is hardly appeared.

If you find it lucky, please try to open the shop curtain! :D

Thursday, July 27, 2017

京都のお土産 ~Souvenirs in Kyoto~


こんにちは!

突然ですが、京都のお土産といえば何を思い浮かべますか?

やはり八つ橋、阿闍梨餅、京ばあむといったスイーツ系のお土産が定番でしょうか。

でも実は京都にはオシャレな雑貨屋さんもたくさんあり、お土産にもできるようなオリジナル商品を販売しているんですよ!

そこで今日は、京都を訪れた際に、ぜひ立ち寄っていただきたいお店を2つご紹介します。



まずは、四条河原町、清水寺の近く、嵐山、そして京都駅内に店舗をかまえる、「カランコロン京都」です。 















ここでは、「はんなり」「かわいい」をコンセプトにデザインされた雑貨が販売されています。

かばんやポーチ、アクセサリー、扇子など、様々な雑貨がありますが、そのなかで私がイチオシしたいのはこちら! 















陶器でできたピアス・イヤリングです。

伝統工芸の技術を用いて、一点一点丁寧に手焼きで作られています。

カラフルな色使いで描かれた、格子状の模様がとっても素敵です!



◎カランコロン京都 本店◎

京都市下京区四条通小橋西入真町83-1

(阪急 河原町駅から徒歩3 / 京阪 祇園四条駅から徒歩3分)

TEL075-253-5535

営業時間:10:3020:30



次にご紹介するのは、宮川町の路地にあったお茶屋さんを改装し建てられた、「裏具」というお店です。 















葉書や一筆箋、ぽち袋など気持ちを伝えるためのオリジナル文具を扱っています。

和柄模様を使った洗練されたデザインが特徴で、若い女性を中心に今人気上昇中の京都土産なんですよ。


特に話題になっているのが、こちらの「まめも」という商品。














これは手のひらサイズの小さなメモ帳で、気になったことや思いついたことを書き留めておくのに最適です。

プレゼントに一言添える、ミニ便箋としても重宝しますよ~。

他にも様々なデザインの文具が取り揃えられていますので、きっとお土産にピッタリのものを見つけていただけると思います!٩( 'ω' )و



◎裏具◎

京都市東山区宮川筋4丁目297

(京阪 祇園四条駅から徒歩5 / 阪急 河原町駅から徒歩10分)

TEL: 075-551-1357

営業時間:12001800

定休日:月曜(祝日の場合、翌日)





Hello!

When you visit Kyoto, what kind of souvenirs do you want to buy for your family or friends? 

Maybe, you’ve heard of some sweets, such as “Yatsuhashi” and “Ajari mochi.”

But it is also popular to present accessories, stationeries and cosmetics originally made in Kyoto.

Today, I will recommend some shops to buy souvenirs!



The first one is “Karan Koron Kyoto.”

They have shops in Shijo-kawaramachi area, Arashiyama area, near the Kiyomizu temple and inside the Kyoto station.

You can find bags, pouches, accessories, sensu (Japanese fan) and so on there.

The goods are designed based on the concept of “Kawaii (cute)” and “hannari (the Kyoto dialect meaning like elegant).”

I especially like pierced earrings formed out of china.

They’re hand made by the technique of Japanese traditional craft.



Karan Koron Kyoto

Access: 3mins from Hankyu Kawaramachi station / 3mins from Keihan Gion Shijo station

TEL075-253-5535

Business hours: 10:3020:30



The next one is “Uragu.”

It is remodeled antique tea house in Miyagawa-cho.

They sell a lot of original postcards, letter papers and message cards.

Their urbane design with Japanese pattern is booming among young women now!

Mamemo”, a very small message card is the most popular thing there.

I think you are going to be surprised at the variety of design when you get into the shop, and you must find your favorite one!



Uragu

Access: 5mins from Keihan Gion Shijo station / 10mins from Hankyu Kawaramachi station

TEL: 075-551-1357

Business hours: 12:0018:00

Regular holiday: Monday

Thursday, July 13, 2017

祇園祭(後半)"Gion Festival"


こんにちは!

前回に引き続き、祇園祭の主な行事をご紹介します!



1ヶ月間続く祇園祭のメインイベントといえば、717日、24日に行われる「山鉾巡行」です。

17日は、午前9時に23基の山鉾が四条烏丸を出発し、四条河原町(9:35)、河原町御池(10:20)を通り、新町御池(11:20)で終了します。























24日は、午前9時半に10基の山鉾が烏丸御池を出発し、河原町御池(10:00)、四条河原町(10:40)を通り、四条烏丸(11:20)で終了します。17日の巡行ルートとは逆回りになるので、ご注意ください!

※()は、山鉾通過予定時刻。























各交差点で、曳き手たちが音頭に合わせて山鉾を方向転換させる「辻回し」が、山鉾巡行最大の見どころです。

山鉾が見事に回転を成功させると、ドッと歓声と拍手が沸き起こります。


















24日は、辻回しを間近で見られる有料観覧席にまだ空きがあるようですので、予約をお考えの方はお早めに!



24日の山鉾巡行とほぼ同時間に、「花傘巡行」という行列も行われます。

この巡行は、午前10時に八坂神社の祇園石段下を出発し、四条通、寺町通、御池通、河原町通などを通って、12時ごろに八坂神社に戻ってくるというルートで、京都の街を巡ります。

子ども神輿を先頭に、花傘をかぶった女性や武者行列、鷺踊(さぎおどり)、獅子舞、芸妓さん・舞妓さんをのせた曳き車などが続き、総勢1000人が参加する、とても賑やかで華やかな行列です。

八坂神社に戻ってきたあとは、参列者によって踊りなど多彩な芸能が奉納されるので、こちらも見逃せません!


















京都は、まもなく梅雨明けの予報。

これから夏に向かって気温がグングン上がっていきますので、巡行をご鑑賞の際は、熱中症対策も忘れずにしてくださいね( •̀ .̫́ )





Hello!

Today, I will introduce some information of Gion Festival in the late July.



As I said on last post, the festival is going to last for 1month.

The main event of it is Yamaboko Parade on 17th and 24th.

On 17th, the parade will start from Shijo Karasuma intersection at 9am, and end at Shinmachi Oike intersection at about 11:20am.

On 24th, it will proceed in the opposite direction. It will start from Karasuma Oike intersection at 9:30am, and end at Shijo Karasuma intersection at about 11:20am.



The highlight of the parade is the scene of turning Yamaboko around narrow corners.

When it succeeds, people give them a round of applause.

There is still vacancy in reservation seats of 24th, so if you want to look at turning Yamaboko close, I recommend making a reservation as soon as possible!



On 24th, at the same time of Yamaboko Parade, there is also another parade, “Hanagasa Junko.”

It will start from Yasaka Shrine at 10am, go along Shijo st., Teramachi St., Oike St., Kawaramachi St., then come back to Yasaka at about 12am.

Children Mikoshi (portable shrine) leads the parade, and Geiko, Maiko, and people dressed up as Bushi follow them. Nearly 1000people are going to join!

After they come back to Yasaka, you can look at traditional dancing there as well.



The rainy season is almost over in Kyoto, and it will grow hotter and hotter, 

When you enjoy the parade, please make sure you will prevent against heat stroke!!